事務系社員の会議分からない問題

事務系社員の会議分からない問題

“人生を楽しむオヤジの会”の
赤木賢太です。

今日のテーマは

事務系社員の会議分からない問題
です。

あなたがもし、
ある会議に初めて参加。
参加者はだいたい理系の方。
話は技術の話ばかり。

うーん、なんで
俺呼ばれたんだろう。

機械の話、
製品の性能の話。
分からない単語。

???

よく分からない。
何話しているの?
これは何もできないな。
黙っておこう。

そんな事でお悩みなら。

それが、
会議の技術の細かい話は
正直分からない。

それでも会議では発言
している。
質問している。

そうしていると、
会議が終わった後、

ファシリテーターから
「助かりました。
 このテーマで初めて会議らしく
 なりました。」

感謝される。 

そう変わると良くないですか?

ーーーーーーーーーーーーーーーー
大事なことは、
知識はなくても貢献できる!です。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

技術系の話になると。
自分は文系だし。
そう思って遠慮する。

以前の私はこんな感じでした。

でもそれは思い込みでした。
会議で大事なことは、
ゴールに向けての行動を
決める事。

そのポイントは同じです。

だから知識がない人でも
貢献できるんです。

ポイントは3つです。

1.自分が貢献できる前提。
2.質問する。
3.プロセスが見えるようにする。

今日は1の
「自分が貢献できる前提」
についてもう少しお伝えします。

自分ができる事はない。
そう思っていると
何も生まれません。

反対に自分が
貢献できる事はある。

そう思った瞬間、
会議のファシリテーションを手伝う。
計画の全体像を見えるようにする。
議事録をとる。

できることはどんどん
生まれます。
知識がないからこそ
できる貢献もきっとあります。

どうせ同じ時間を過ごすなら、
知識がなくても貢献できる。
そんな前提でいきませんか?

楽しんでいきましょう!

【人生を楽しむオヤジの会メール講座無料配信中】
ビジネスマンの方が、仕事も、家族も、人生も
楽しむ自分に変わる。
そんな知恵を配信中です。

人生を楽しむオヤジの会 無料メール講座登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *
メールアドレス確認  *